【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

関節炎(かんせつえん)

 犬の関節炎
ポイント

  • 関節炎は関節がスムーズに動かなくなり、関節が変形したり、動かすたびに痛みを生じる
  • 症状は動きが鈍るや跛行したりする
  • 起き上がるのに時間がかかる、歩かなくなる、急に痛がる、ジャンプを躊躇する
  • 進行すると、散歩に行かない、階段を嫌がる、足を引きずる、足を触られるのを嫌がる、食欲低下
  • 運動後や長時間寝ていた直後に跛行が目立ったり、気温が低かったりしても跛行が見られる
  • 高齢の犬に症状がでやすい
  • 原因は激しい運動、新陳代謝の衰え、クッションが磨り減る、肥満、運動不足、室内で滑ったりジャンプ
  • 膝蓋骨脱臼、股関節形成不全、前十字靭帯断裂、関節リウマチ、変形性脊椎症、感染症
  • 治療は食事や体重の管理、運動制限と内科的治療は鎮痛剤や消炎剤、軟骨を保護するサプリメント
  • 段差の上り下り、ダッシュや方向転換、ジャンプなど止め適度な運動や水泳で筋力を維持
  • 筋肉を作るたんぱく質をバランスよく摂取
  • 骨の変形による場合は、外科的手術
  • 別の関節疾患での場合はそれを治療

syouzyou犬の関節炎は非常によくみられる病気です。しかし、犬は人とは違い痛さに強いので症状がわかりずらい事もあり、四肢で歩くため歩き方の変化にも気づきにくく、症状が悪化してから初めて気づく事が多いのです。関節炎になると関節がスムーズに動かなくなり、関節を動かすたびに痛みを感じたり関節の可動域が狭くなります。関節炎を起こしやすい部位は足や脊椎などなので、動きが鈍るや跛行したりする症状して現れます。運動後や長時間寝ていた直後に跛行が目立ったり、気温が低かったりしても跛行が見られることもあります。とくに高齢の犬に症状がでやすく、初期症状では起き上がるのに時間がかかる、散歩の時に歩かなくなる、遊んでいる時などに急に痛がる、乗り降りのジャンプを躊躇するなどの症状が現れます。さらに進行すると、散歩に行きたがらない、階段を嫌がる、足を引きずって歩く、足を触られるのを嫌がる、痛みやストレスで食欲低下など様々な症状が現れます。

ganin骨と骨の間には関節があり、関節は関節包と呼ばれる袋で覆われています。関節の骨は表面が滑らかで弾力のある軟骨や潤滑油の役割を果たす滑液で満たされており、お互いの骨の表面は滑らかで弾力のある軟骨で覆われて衝撃を吸収し体がスムーズに動くようになっています。この関節軟骨が何らかの原因で傷ついたり、激しい運動、老化に伴い新陳代謝の衰えやクッションが磨り減る、肥満での関節への負荷、運動不足、室内などで滑ったり高いところへジャンプ、別の関節疾患(膝蓋骨脱臼、股関節形成不全、前十字靭帯断裂、リウマチ性関節炎、変形性脊椎症や感染症)で関節の表面が滑らかでなくなり、骨と骨が直接触れ合って炎症細胞が集まって痛みが出たり、骨が変形してしまいます。

治療進行状態や関節炎の場所により治療は異なりますが、食事や体重の管理や運動制限と内科的治療は鎮痛剤や消炎剤、軟骨を保護するサプリメント(関節が円満に動くのをサポートするコンドロイチン、磨り減った軟骨を修復するグルコサミン)を組み合わせて炎症を抑え、痛みや軟骨の保護やサポートを行い、関節軟膏の修復を補います。運動制限とは運動をやめると筋肉が衰えてしまい逆効果です。段差や階段の上り下り、ダッシュや方向転換、ジャンプなどのを止めさせて負担が無い適度な運動や水泳で筋力を維持させましょう。また、筋肉を作るたんぱく質(必須アミノ酸)をバランスよく摂取する。筋肉が衰えるとカバーするものがなくなり悪化の原因になります。関節炎の原因が骨の変形による場合は、外科的手術を行います。別の関節疾患(膝蓋骨脱臼、股関節形成不全、前十字靭帯断裂、関節リウマチ、変形性脊椎症や感染症)での場合はそれを治療します。

犬のウォーターサーバー

【大切な愛犬や家族】も飲めるウォーターサーバー比較選び
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.