【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)

syouzyou痛みが全くなくほとんど無症状のものから、軽度の跛行を示すもの、痛みを示したり足を曲げれことが出来ず突っ張ってしまうものなど、脱臼の程度により様々です。関節炎や前十字靭帯の損傷を伴っている場合もあります。

ganin膝蓋骨(膝のお皿の骨)が外れてしまう病気です。事故や外傷などにより二次的に起こることもありますが、それよりも遺伝的要因が関与しているものが多く見らるる原因の1つです。小型犬では内側に脱臼するものが多く、大型犬では外側に脱臼しやすい素因を持っているものが多いといわれています。幼犬で先天的に膝蓋骨の内方脱臼が見られるものでは、膝蓋骨を支持している筋肉や靭帯の発育不全と関連している場合があり、その結果、大腿骨や脛の彎曲を引き起こして歩けなくなるほど激しい症状を示す場合もあります。

治療外科手術による矯正が最も確実な方法です。手術を望まない場合や、症状が軽い場合は、痛みを和らげるために鎮痛剤を使用したり、体重制限、運動制限などの保存療法をとることもあります。

肉球 鎮痛剤の医薬品(購入ランキング)

1位プレビコックス
プレビコックス犬種問わず、幅広い年齢に使用可能!長期投与に適した効果と安全性に定評
犬用の変形関節症に伴う非ステロイド性抗炎症鎮痛薬。非ステロイド性抗炎症剤の投与で骨関節炎や筋骨格障害に伴う痛み・炎症を緩和。また、外科手術の術後などの緩和にも期待できます。

▶︎プレビコックス【1箱30錠】(57mg)
▶︎プレビコックス【1箱30錠】(227mg)
2位オンシオール
椎間板ヘルニア・変形性脊髄症、運動器疾患などに伴う疼痛の緩和オンシオール
犬用のコキシブ系の非ステロイド系消炎鎮痛薬(NSAID)です。椎間板ヘルニア・変形性脊髄症、運動器疾患などに伴う疼痛に期待が出来ます。

▶︎オンシオール【1箱28錠】(5mg)
▶︎オンシオール【1箱28錠】(10mg)
▶︎オンシオール【1箱28錠】(20mg)
▶︎オンシオール【1箱28錠】(40mg)
3位メロネックス
非ステロイド系鎮痛剤の高い消炎鎮痛!液体状なので食事に混ぜるだけメロネックス
メロキシカム配合の製品で犬用非ステロイド系消炎鎮痛剤。慢性・急性の筋骨格系疾患による炎症や痛みの緩和に使用され、高い消炎鎮痛に期待できます。

▶︎メロネックス【1本10mg】
●リマダイルジェネリック
優れた消炎鎮痛効果を示す非ステロイド性抗炎症薬リマダイルジェネリック(20mg)
本剤「リマダイルジェネリック」は、犬用の骨関節炎鎮痛剤「リマダイル」と同成分「カルプロフェン」を含有する錠剤です。痛みに対する速やかな有効性と、バランス良く阻害する優れた安全性、休薬期間なく長期投与が可能との特徴を有しています。

▶︎リマダイルジェネリック【1箱100錠】(20mg)
▶︎リマダイルジェネリック【1箱100錠】(50mg)
▶︎リマダイルジェネリック【1箱100錠】(100mg)

犬のマダニ・蚊・ノミ特集

これからの季節に備えてマダニ・蚊・ノミ特集!

犬のウォーターサーバー

【大切な愛犬や家族】も飲めるウォーターサーバー比較選び
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.