【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

眼瞼炎(がんけんえん)

 眼瞼炎
ポイント

  • 犬の眼瞼炎は、まぶたの周りが脱毛、赤く腫れる炎症
  • 症状はまぶたは上下まぶたがあり、そのどちらにも起こる
  • 湿疹ができて、化膿して膿みが溜まる事もある
  • かゆみや痛みでまぶたをこすったり、目をパチパチと瞬きが多くなる
  • かさぶたで上下のまぶたがくっつきもする
  • 長期にわたり放置すると慢性化して、簡単には治らなくなる
  • 原因はアレルギー性の皮膚疾患、感染症、細菌、寄生虫への感染
  • まぶたにトゲや害虫に刺される、火傷、喧嘩などの外傷
  • 結膜炎、角膜炎、ドライアイ、流涙症などの基礎疾患
  • 目を掻く、地面に擦り付けるなど
  • 眼瞼内反症、眼瞼外反症、逆まつげなどでも併発する事もある
  • 治療は原因によって治療は異なる
  • 他の疾患によって引き起こされていれば、それを優先・並行して治療
  • 感染症が疑われる場合は抗生物質、抗真菌薬を投与
  • 目をこすらないように、エリザベスカラーを装着

syouzyou犬の眼瞼炎は、眼瞼(まぶたのことを示す)の周りに皮膚炎が原因で周りが脱毛し、目の周り赤く腫れる炎症です。まぶたは上下まぶたがあり、そのどちらにも起こります。結膜炎や角膜炎を併発する事もあります。炎症が進行すると湿疹ができて、化膿して膿みが溜まる事もあります。目にかゆみや痛みがあるために、前足でしきりにまぶたをこすったり、目をパチパチと瞬きが多くもなります。また、かさぶたで上下のまぶたがくっつきもします。長期にわたり放置すると慢性化して、簡単には治らなくなり、マイボーム腺がしなびて縮むとドライアイを併発することもあります。

ganin

アレルギー性の皮膚疾患や感染症の真菌(皮膚糸状菌)、細菌、寄生虫(ヒゼンダニ・ニキビダニ)への感染などによる皮膚病、まぶたにトゲや害虫に刺される、火傷、喧嘩など外部からの外傷などが原因です。この他に結膜炎、角膜炎、ドライアイ、流涙症など基礎疾患があってそれが原因で目を掻く、地面に擦り付けるなどで二次的な症状として発症することもあります。また、もともと患っていた眼瞼内反症、眼瞼外反症、逆まつげなどでも併発する事もあります。

治療原因によって治療は異なります。目の周りを清潔にした後、他の疾患(アレルギー、結膜炎、角膜炎、ドライアイ、流涙症など)によって引き起こされていれば、それを優先・並行して治療します。眼瞼炎が感染症(細菌、真菌、寄生虫)が疑われる場合は抗生物質、抗真菌薬を投与するなどで炎症を抑えます。また、目をこすらないように、エリザベスカラーを装着して炎症の悪化を防ぎます。

犬のウォーターサーバー

【大切な愛犬や家族】も飲めるウォーターサーバー比較選び
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.