【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

泌尿器

泌尿器
腎臓、尿管、膀胱、尿道を総合して泌尿器といいます。泌尿器は血液をろ過し、いらなくなった成分を尿として排出する役割とミネラルなどの微量成分や水分を再吸収、排出してバランスを保つ役目があります。腎臓は運びこまれた血液を通過しながら不要なものを排出したり再吸収して成分を整えられた尿を集める腎盂至ります。腎盂に集められた尿は細い尿管を通って膀胱に運ばれ、尿道から排泄される。オスとメスでは尿道の形が異なり、オスは細長く、メスは太くて短いので細菌性膀胱炎、結石、腫瘍などかかりやすい病気も異なります。

肉球 肝臓のしくみ

肝臓のつくり
腎臓は細い血管が絡み合い、糸の球のような糸球体で血液をろ過します。糸球体からは水分がろ過されてこれを原尿といい、そのうちの0.1%以上が尿となります。糸球体1個と尿細管1本のこのセットをフロネンと呼び、犬の腎臓には41万個以上のフロネンがある。糸球体からろ過されて出てきた原尿は、細い曲がりくねった細尿管を通りながら、ミネラル、ブドウ糖、アミノ酸などの必要なものが再吸収され尿の濃さを調整し、尿素窒素やクレアチニンなどの老廃物は吸収されず、尿となって排出されます、水分の再吸収は尿細菅で行われて、この部分に病変が起こると再吸収が行われなくなることがあり、多飲多尿の症状がみられます。

犬のマダニ・蚊・ノミ特集

これからの季節に備えてマダニ・蚊・ノミ特集!

犬のウォーターサーバー

【大切な愛犬や家族】も飲めるウォーターサーバー比較選び
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.