【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

心室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう)

  • HOME »
  • 心臓・血液 »
  • 心室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう)
心室中隔欠損症
ポイント

  • 心室中隔欠損症は、心臓の右左心室の間の壁に、穴が空く病気
  • 症状は生後6ヶ月ぐらいから咳が主
  • 悪化すると、呼吸困難、チアノーゼ、運動を嫌がる、疲れやすい、伏せこむ、食欲不振、発育不足
  • 左心室から右心室へ血流が逆流して肺に負担がかかり肺水腫を併発
  • 原因は心臓の先天性、奇形の一種
  • 左右の心室を隔てる壁の組織「中隔」に穴が開いていている
  • 治療は心室中隔欠損症は先天性の病気のため、予防はできない
  • 欠損孔(穴)が小さければそのまま様子を見ながら経過観察
  • 欠損孔が大きな時は、病状にもよりますが内科的な治療も行い、外科手術を行う
  • 早期に発見して手術すれば、健康な犬と寿命を全うすることも可能
  • 内科的治療は症状の進行を遅らせる血管拡張剤、強心薬、利尿薬などを投与
  • 内科的治療では完治させることは難しい、緩和・進行を遅らせる
  • 普段の生活では塩分の少ない食事、運動制限(適度な運動)、肥満、夏の暑さ対策など

syouzyou心室中隔欠損症は、生まれながら心臓の右心室と左心室の間の壁に、一部に欠損孔という穴が空いてしまっている先天性の病気です。先天性の中では最も発生率が高く、穴が小さいと症状を示さないこともあり、成長と共に穴が塞がっていきます。しかし、胎児期や出生後に十分に発達せずに穴が閉じないままで大きいと心臓内の血流の流れに悪影響を及ぼします。生後6ヶ月ぐらいから咳が主な症状で、徐々に状態が悪化してくると、呼吸困難、チアノーゼ、運動を嫌がる、疲れやすい、すぐに伏せこむ、食欲もなくなり痩せてきて、発育不足を起こすこともあります。などの症状が見られるようになり、更に左心室から右心室へ血流が逆流して肺に負担がかかり肺水腫を併発します。

ganin心臓の先天性、奇形の一種で、左右の心室を隔てる壁の組織「中隔」に穴が開いていている。犬種では、柴犬、秋田犬、イングリッシュスプリンガースパニエル、ブルドッグ、バセットハウンド、ウェストハイランドホワイトテリア、オールドイングリッシュシープドッグ、ドーベルマン、ボクサー、サモエドなどに現れやすい病気です。

治療心室中隔欠損症は先天性の病気のため、予防はできません。欠損孔(穴)が小さく症状が現れなければ、生活にも影響を及ぼさないためそのまま様子を見ながら経過観察を必要とします。しかし、欠損孔が大きな時は、病状にもよりますが内科的な治療も行い、外科手術を行うことで人工的に心室中隔に壁を作って欠損孔を塞ぎます。早期に発見して手術すれば、健康な犬と寿命を全うすることも可能になります。だだし、大きな手術になるので動物病院も限られます。内科的治療は症状の進行を遅らせる血管拡張剤、強心薬、利尿薬などを投与します。心臓病は病状によって与える薬や用量などが変わりますので、獣医師によく相談する事です。内科的治療では完治させることは難しいですが、手術ができない場合には内科的療法で緩和・進行を遅らせるようになります。普段の生活では心臓の負担にならないように塩分の少ない食事、心臓への負担なるべくなくす運動制限(適度な運動)、肥満、夏の暑さ対策などの環境が必要です。内科的治療では完治は見込めませんし、稀に欠損孔が自然閉鎖することがありますが、あまり期待するものでもありません。

心室中隔欠損症から併発する病気
肺水腫

 

肉球 心臓の治療薬(購入ランキング)

1位ベトメディン
拡張型心筋症や弁閉鎖不全症を原因とするうっ血性心不全にベトメディン
犬の拡張型心筋症(心臓肥大)や弁閉鎖不全症(僧帽弁および/または三尖弁逆流症)を原因とする犬のうっ血性心不全の治療薬で低下している心機能の改善や病状の進行を遅らせることができます。心収縮力をあげ、血管内皮細胞内にある酵素を抑制することにより、血管収縮作用を抑制する働きがあります。

▶︎ベトメディン・フレーバー錠1.25mg【1箱50錠】
▶︎ベトメディン・フレーバー錠5mg【1箱50錠】
▶︎ベトメディン・ハードカプセル5mg【1箱100錠】
2位フォルテコール
心臓や腎臓への負担が軽減され良好な状態を維持するフォルテコール
フォルテコールは高齢の犬に多い帽弁閉鎖不全症(僧帽弁逆流症)、慢性腎不全、拡張型心筋症(心臓肥大)。血管収縮、心筋収縮力増強、腎臓糸球体内圧上昇などによる心臓や腎臓への負担が軽減され、僧帽弁閉鎖不全症、慢性腎不全、心筋肥大症に使用されています。心臓や腎臓を保護することで、症状進行を遅延させ、良好な状態を維持します。

▶︎フォルテコール2.5mg【1箱28錠】
▶︎フォルテコール5mg【1箱28錠】
▶︎フォルテコール20mg【1箱28錠】
3位チバセンジェネリック
血管収縮、心筋収縮力増強、腎臓糸球体内圧上昇など心臓や腎臓の負担を軽減チバセンジェネリック5mg
チバセンジェネリックは、フォルテコール錠と同一の有効成分です。ベナゼプリルを含有する末梢の血管を拡げて血圧を下げる血管拡張薬です。投薬は長期期間もしくは生涯にわたりますが、使用する事により心臓や腎臓を保護することで、症状進行を遅延、良好な状態が期待できます。

▶︎チバセンジェネリック5mg【1箱28錠】
▶︎チバセンジェネリック10mg【1箱28錠】

犬のマダニ・蚊・ノミ特集

これからの季節に備えてマダニ・蚊・ノミ特集!

犬のウォーターサーバー

【大切な愛犬や家族】も飲めるウォーターサーバー比較選び
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.