【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

心臓・血液

  • HOME »
  • 心臓・血液
心臓
循環器は血液を循環させるシステムで、血液を送り出すポンプと、それを全身に配布する血管からできています。上下水道で例えると、静動脈が下水システム、動脈系が上水システムということになります。下水は排水が流れる管ですが、上水は浄水場から末端の家庭の隅々まで水が流れます。本管は太くて高水圧で送られ、末端は小さく分けられますが、適した水圧が保たれています。動物の血管も同じように、静脈系は血管が薄く、構造も簡単です。しかし、動脈系は高圧力のため血管が厚く、静脈よりも体表から深い所を走っています。血液は、心臓から、まず血液を集める右心系、次に肺に送られ酸素と炭酸ガスのガス交換が行われ、左心系に送られ、全身に送り出されます。心臓は大動脈から右心室、右心房、そして肺動脈、左心室、左心房から大動脈へと、血液を送り出します。血液を受ける左心径は壁の筋肉も薄いですが、送り出す左心系は筋肉も厚くなっています。血液や心室、心房の間にはそれぞれ弁があり、逆流を防いでいます。
 血液の流れ
血液は、大動脈を通って心臓に至り、右心房、右心室を経由して肺に至ります。ここから肺動脈、左心房、左心室を通って全身に血液が運ばれます。

犬のマダニ・蚊・ノミ特集

これからの季節に備えてマダニ・蚊・ノミ特集!

犬のウォーターサーバー

【大切な愛犬や家族】も飲めるウォーターサーバー比較選び
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.