【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

鼻腔狭窄(びこうきょうさく)

鼻腔狭窄
ポイント

  • 鼻腔狭窄とは鼻の穴がもともと狭いこと
  • 症状は鼻を鳴らす、鼻水を飛ばす、口をあけて呼吸する
  • 鼻の中の粘膜が炎症で腫れて鼻の穴が狭くなることもある
  • 運動した時などにチアノーゼ(舌が紫になる)を起こしやすい
  • 夏場などは熱射病にもなりやすい
  • 原因は鼻腔が極端に狭い先天的もの
  • 短頭種の犬に多い
  • 治療は鼻から呼吸をしようとしても、うまく呼吸できない場合は手術
  • 術後、鼻が変形してしまう
  • 激しい運動を控えめに夏場は暑さ対策

syouzyou鼻腔狭窄とは犬のほとんどが、ブルドック、ペキニーズ、フレチブルドッグなどの短頭種の犬に多く、鼻の穴が狭いことをいいます。鼻をぐーぐー鳴らしたり、鼻水を飛ばしたり、鼻だけでは呼吸がしにくく口をあけて「ハァーハァー」と暑くもないのによくします。鼻の穴が狭いと運動した時などにチアノーゼ(下が紫になる)を起こし、酸欠で倒れたりします。また、夏場などは呼吸がしにくい為、熱射病にもなりやすい。

ganin原因は鼻腔が極端に狭い先天的ものです。感染症や刺激臭(殺虫剤など)などで、鼻の中の粘膜が炎症を起こし腫れて鼻の穴が狭くなることもあります。

治療生活に支障がなければ、激しい運動を控えめに夏場は暑さ対策をキッチリ行う。散歩中も呼吸が苦しそうなら頻繁に休憩をとるなどをする。鼻から呼吸をしようとしても、うまく呼吸できない場合は手術をします。術後、鼻が変形してしまうのでそれも理解したうえで獣医師と相談しましょう。炎症の場合は、抗生物質などの炎症を抑える治療をします。

犬のマダニ・蚊・ノミ特集

これからの季節に備えてマダニ・蚊・ノミ特集!

犬のウォーターサーバー

【大切な愛犬や家族】も飲めるウォーターサーバー比較選び
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.