【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

関節リウマチ

%e7%8a%ac%e3%81%ae%e9%96%a2%e7%af%80%e3%83%aa%e3%82%a6%e3%83%9e%e3%83%81
ポイント

  • 関節リウマチは自己免疫疾患といわれる病気の一種
  • 症状は主に四肢の末端の関節(手首、足首、または肘や膝)に炎症
  • 年齢に関係なく発症し、若年齢で発症すると進行が速く、関節の変形が起こりやすくい
  • 初期症状は個体差があり、ほとんど症状がみられないことあるが徐々に悪化
  • 関節が腫れ硬直や痛み、熱、食欲運動低下、足を触られるのを嫌がる、跛行、左右対称の腫れ
  • 進行すると軟骨破壊、靭帯断裂、関節脱臼、歩行困難、歩行自体が出来なくなる
  • 原因は体内の体に害がある物質や細菌などを攻撃する体内の自己免疫機能の異常
  • 自己の免疫が関節を侵して炎症
  • 炎症性細胞、滑膜細胞、軟骨細胞から関節を侵食する酵素が形成され、関節の破壊が起こる
  • びらん性関節炎と非びらん性関節炎がある
  • 「びらん」は、組織の上部が侵食破壊された状態
  • 関節の場合は軟骨や軟骨周辺の骨が虫食いのように侵食された状態
  • びらん性は重症ですが、発症率は稀
  • 「非びらん」は、他の病気が原因となって二次的に発症するものと原因不明がある
  • 原因がよくわからない場合の方が大半を占めている
  • 発症年齢は幅があり、小型犬種やトイ犬種で多い
  • 遺伝が原因は、アメリカ系とオーストラリア系のグレーハウンドだけ
  • 治療は根本的な治療法はなく痛みの緩和や関節炎の進行を抑えるという維持療法
  • 消炎鎮痛剤(非ステロイド)、ステロイド剤、抗リウマチ薬などで炎症や痛みを抑える
  • 適切に処置すれば2週間~4か月ほどで症状は安定
  • 免疫を抑制する用量と炎症を抑える用量が違うのと薬の副作用のクッシング症候群には注意が必要
  • 途中で中止すると再発の確率も高い
  • 関節リウマチは進行性の病気なので発症すれば、根本治療は難しくなる
  • 薬物療法以外では足に負担をなるべくかけさせない
  • 適度な運動と食事管理で体重のコントロール
  • 自宅では関節の負担にならないように低反発マットなどで愛犬の質のいい寝床や休憩の提供

syouzyou関節リウマチは主に四肢の末端の関節(手首、足首、または肘や膝)に症状があらわれます。年齢に関係なく発症し、若年齢で発症すると進行が速く、関節の変形が起こりやすくなります。初期症状は個体差があり、ほとんど症状がみられないことありますがこの病気は進行性なので徐々に悪化します。症状としては患部の関節が腫れる、熱が出る、食欲低下、運動をしたがらない、足を触られるのを嫌がる、跛行、関節の硬直や痛みが寝起きや休息後にあり、左右対称の腫れなどです。さらに、進行すると軟骨が壊されてしまったり、靭帯の断裂、関節の脱臼により、関節が不安定となり、歩行困難、最終的には、歩行自体が出来なくなってしまいます。

ganin関節リウマチは自己免疫疾患といわれる病気の一種で、体内の免疫機能の異常が原因です。別名「免疫介在性多発性関節炎」といい、複数の関節に炎症が起こります。体に害がある物質や細菌などを攻撃する体内の自己免疫機能の異常により、自己の免疫(免疫が自己の関節を構成する組織である滑膜や軟骨などを異物とみなして攻撃)が関節を侵して炎症を引き起こします。炎症性細胞、滑膜細胞、軟骨細胞から関節を侵食する酵素が形成されて、関節の破壊が起こります。びらん性関節炎と非びらん性関節炎があり、「びらん」は、組織の上部が侵食破壊された状態で、関節の場合は軟骨や軟骨周辺の骨が虫食いのように侵食された状態です。「びらん性」は重症ですが、発症率は稀です。「非びらん」は、他の病気が原因となって二次的に発症するものと原因不明があります。原因がよくわからない場合の方が大半を占めています。発症年齢は幅があり、小型犬種やトイ犬種で多いとされます。遺伝が原因とされているのは、アメリカ系とオーストラリア系のグレーハウンドだけです。

治療根本的な治療法はなく痛みの緩和や関節炎の進行を抑えるという維持療法しかありません。消炎鎮痛剤(非ステロイド)、ステロイド剤、免疫系の亢進状態を抑え炎症を鎮める抗リウマチ薬などで炎症や痛みを抑えます。適切に処置すれば2週間~4か月ほどで症状は安定します。ただし免疫を抑制する用量と炎症を抑える用量が違うのと薬の副作用のクッシング症候群には注意が必要となります。途中で中止すると再発の確率も高く症状により薬の量も異なるので、必ず獣医師の指示に従いましょう。関節リウマチは進行性の病気なので発症すれば、根本治療は難しくなります。薬物療法以外では足に負担をなるべくかけさせないために適度な運動と食事管理で体重のコントロールしましょう。また、自宅では関節の負担にならないように低反発マットなどで愛犬の質のいい寝床や休憩の提供など生活の環境づくりを目指しましょう。

肉球 抗生物質の医薬品(購入ランキング)

1位アモキシシリン
高い抗菌力を示すスペクトルの広いペニシリン系の抗生物質アモキシシリン
感染に期待できる薬剤で殺菌性抗菌薬であり、原因菌を死滅させることができるため、発見の遅れた感染症や、急性感染症にも発揮すると考えられています。

▶︎アモキシシリン【1箱21錠】(250mg)
2位セファレキシン
セフェム系第1世代の代表的な広範囲スペクトラムの殺菌性抗生物質セファレキシン
セファレキシンは、セファロスポリンが広範囲スペクトラムの殺菌性抗生物質であり、犬、猫のバクテリア感染(皮膚、泌尿器系、呼吸器、骨、間接の細菌感染など)に使用されます。

▶︎セファレキシン【1箱28錠】(250mg)
3位TOフレックス(mg)
広範囲スペクトラムの殺菌性抗生物質TOフレックス
セファレキシンは、セフェム系第一世代の抗生物質で、塩野義製薬のケフレックスと同成分医薬品です。本来は人用医薬品ですが、動物医薬品としても使用される場合があります。セファロスポリンが広範囲スペクトラムの殺菌性抗生物質であり、犬、猫のバクテリア感染(皮膚、泌尿器系、呼吸器、骨、間接の細菌感染など)の使用されます。

▶︎TOフレックス【1箱100錠】(500mg)

肉球 鎮痛剤の医薬品(購入ランキング)

1位プレビコックス
プレビコックス犬種問わず、幅広い年齢に使用可能!長期投与に適した効果と安全性に定評
犬用の変形関節症に伴う非ステロイド性抗炎症鎮痛薬。非ステロイド性抗炎症剤の投与で骨関節炎や筋骨格障害に伴う痛み・炎症を緩和。また、外科手術の術後などの緩和にも期待できます。

▶︎プレビコックス【1箱30錠】(57mg)
▶︎プレビコックス【1箱30錠】(227mg)
2位オンシオール
椎間板ヘルニア・変形性脊髄症、運動器疾患などに伴う疼痛の緩和オンシオール
犬用のコキシブ系の非ステロイド系消炎鎮痛薬(NSAID)です。椎間板ヘルニア・変形性脊髄症、運動器疾患などに伴う疼痛に期待が出来ます。

▶︎オンシオール【1箱28錠】(5mg)
▶︎オンシオール【1箱28錠】(10mg)
▶︎オンシオール【1箱28錠】(20mg)
▶︎オンシオール【1箱28錠】(40mg)
3位メロネックス
非ステロイド系鎮痛剤の高い消炎鎮痛!液体状なので食事に混ぜるだけメロネックス
メロキシカム配合の製品で犬用非ステロイド系消炎鎮痛剤。慢性・急性の筋骨格系疾患による炎症や痛みの緩和に使用され、高い消炎鎮痛に期待できます。

▶︎メロネックス【1本10mg】
●リマダイルジェネリック
優れた消炎鎮痛効果を示す非ステロイド性抗炎症薬リマダイルジェネリック(20mg)
本剤「リマダイルジェネリック」は、犬用の骨関節炎鎮痛剤「リマダイル」と同成分「カルプロフェン」を含有する錠剤です。痛みに対する速やかな有効性と、バランス良く阻害する優れた安全性、休薬期間なく長期投与が可能との特徴を有しています。

▶︎リマダイルジェネリック【1箱100錠】(20mg)
▶︎リマダイルジェネリック【1箱100錠】(50mg)
▶︎リマダイルジェネリック【1箱100錠】(100mg)

犬のマダニ・蚊・ノミ特集

これからの季節に備えてマダニ・蚊・ノミ特集!

犬のウォーターサーバー

【大切な愛犬や家族】も飲めるウォーターサーバー比較選び
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.