【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

レッグ・ペルテス病

レッグ・ペルテス病
ポイント

  • 血管障害によって大腿骨頭が変形、壊死し、股関節の虚脱と関節炎を起こす
  • 症状は跛行、食欲の低下や腰の部分を触られるのを嫌がる(痛がる)、筋肉萎縮
  • 多くは片足だけに起こり、両足に発症することはそれほど多くない
  • 徐々に悪化もあれば、急性的に現れる場合もある
  • 主に生後1年以内の小型犬(特にトイ種)に発生
  • 原因は大量の性ホルモンの投与、栄養障害、遺伝などと言われていますが、はっきりとした原因不明
  • 治療は鎮痛剤や消炎剤などを投与する場合がありますが、効果的ではないことが多い
  • 壊死した大腿骨頭を切除し、新たに関節を形成する外科手術
  • 術後リハビリが必要で完治まで1年ぐらいかかる

syouzyouこの病気の多くは片足だけに起こり、両足に発症することはそれほど多くありません。2〜3ヶ月の間の成長期に体重が増えることにしたがって足を持ち上げて歩くなど後足の跛行が見られ、徐々に悪化もあれば、急性的に現れる場合もあります。食欲の低下や腰の部分を触られるのを嫌がり、そのまま放っておくと、痛い方の足の筋肉萎縮や大腿骨の変形が現れます。主に生後1年以内の小型犬(特にトイ種)に発生し、進行するとかなり痛みを伴います。

ganin血管障害によって骨盤のくぼみにはまっている大腿骨頭が変形したり、壊死したりすることによって股関節の虚脱と関節炎を起こします。血管障害の原因については、大量の性ホルモンの投与、栄養障害、遺伝などの影響と言われていますが、まだはっきりとは分かっていません。

治療壊死した大腿骨頭を切除し、新たに関節を形成する手術を行えば概ね元気になり、痛みも解消されます。ただし、術後衰えた筋肉の回復をさせるリハビリが必要で筋肉によって失われた股関節部分を支えることが出来るようにするのが大切です。鎮痛剤や消炎剤などを投与する場合がありますが、効果的ではないことが多い。また、完治するまでには1年ぐらいかかることもあります。

犬のマダニ・蚊・ノミ特集

これからの季節に備えてマダニ・蚊・ノミ特集!

犬のウォーターサーバー

【大切な愛犬や家族】も飲めるウォーターサーバー比較選び
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.