【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

角膜炎(かくまくえん)

角膜炎
ポイント

  • 目に障害を受けやすい短頭種に多くみられる
  • 症状は目をこする、壁や地面に顔をこする、光をまぶしがる、しょぼしょぼする、目ヤニ、涙など
  • 悪化すると充血や角膜が白く濁る、まぶたの痙攣、血管新生、角膜潰瘍を生じることがある
  • 原因は外傷性と非外傷性に分けられる
  • 外傷性は、スプレーやシャンプーなどの化学的刺激、目をこすったり、周りの毛やまつ毛が目に当たるなど
  • 非外傷性は、犬ジステンパーや犬伝染性肝炎、アレルギー疾患、免疫介在性疾患など様々
  • 結膜炎や緑内障など、角膜炎以外の他の眼の病気が原因となっていることもある
  • 治療は眼を洗眼して、抗生剤や消炎剤、抗炎症剤等の目薬による治療
  • 原因によって内服や注射等の治療も行う
  • 重度の場合、外科的手術が必要になってくることもある
  • 非外傷性の原因があればその原因の治療
  • 痛みやかゆみが現れる為、眼を触らせないように、エリザベスカラーなどの装着

syouzyou目に障害を受けやすい、目立って見える短頭種に多くみられます。 痛みのために目をこすったり、床に顔をこすりつけたりします。また、光をまぶしがる、目をしょぼしょぼとさせるといった様子のほか、目やにが出る、涙を流す、といった症状も見られます。 症状が進むにつれて、結膜の充血や角膜が白く濁ったり、まぶたの痙攣(けいれん)、角膜表面に血管が伸びてくる血管新生、角膜潰瘍を生じることがあります。

ganin外傷性と非外傷性に分けられます。 外傷性は、スプレーやシャンプーなどの化学的刺激や、目をこすったり、周りの毛やまつ毛が目に当たり刺激され、角膜に傷がついて炎症が起こる場合があります。 非外傷性は、犬ジステンパーや犬伝染性肝炎などの感染症やアレルギー疾患、免疫介在性疾患など様々な病気があり、結膜炎や緑内障など、角膜炎以外の他の眼の病気が原因となっていることもあります。

治療眼を洗眼して、抗生剤や消炎剤、抗炎症剤等の目薬による治療を行います。原因によって内服や注射等の治療も行う。 また、重度の場合は、外科的手術が必要になってくることもありますので、進行によって治療は異なります。 非外傷性の原因があれば、原因となったその治療も一緒に行います。 痛みやかゆみが現れる為、眼を触らせないように、エリザベスカラーなどの装着も効果的。

肉球 角膜炎の医薬品

1位ヴィジョケア眼軟膏
2位のオプティミューン眼軟膏と同成分のジェネリック薬。オプティミューン眼軟膏より安くお手ごろ価格。ヴィジョケア眼軟膏
犬のドライアイ(乾性角結膜炎)、色素性角膜炎、慢性表在性角膜炎、慢性表在性結膜炎、角膜上皮ジストロフィに使用されています。使用する事で涙の生産量を増やし、愛犬の目の周りの汚れや目ヤニを取り除き、ドライアイ(乾性角結膜炎)や慢性表在性結膜炎のような、免疫関与の病気に効果的に作用します。また、細菌・真菌・ウィルス・寄生虫・アレルギー・角膜炎・毒性化学物質・毛やほこり・シャンプーなどで炎症や異物などでダメージを受けた時もオススメです。

▶︎ヴィジョケア眼軟膏【1本3.5g】
2位オプティミューン眼軟膏
ドライアイ(乾性角結膜炎)の定番医薬品オプティミューン眼軟膏
犬のドライアイ(乾性角結膜炎)、色素性角膜炎、慢性表在性角膜炎、慢性表在性結膜炎、角膜上皮ジストロフィに使用されています。使用する事で涙の生産量を増やし、愛犬の目の周りの汚れや目ヤニを取り除き、ドライアイ(乾性角結膜炎)や慢性表在性結膜炎のような、免疫関与の病気に効果的に作用します。また、細菌・真菌・ウィルス・寄生虫・アレルギー・角膜炎・毒性化学物質・毛やほこり・シャンプーなどで炎症や異物などでダメージを受けた時もオススメです。

▶︎オプティミューン眼軟膏【1本3.5g】
3位クラビット点眼
ニューキノロン系抗菌点眼抗生薬とも呼ばれる目薬
クラビット点眼薬
犬のドライアイ(乾性角結膜炎)、色素性角膜炎、慢性表在性角膜炎、慢性表在性結膜炎、角膜上皮ジストロフィに使用されています。使用する事で涙の生産量を増やし、愛犬の目の周りの汚れや目ヤニを取り除き、ドライアイ(乾性角結膜炎)や慢性表在性結膜炎のような、免疫関与の病気に効果的に作用します。また、細菌・真菌・ウィルス・寄生虫・アレルギー・角膜炎・毒性化学物質・毛やほこり・シャンプーなどで炎症や異物などでダメージを受けた時もオススメです。

▶︎クラビット点眼【1本5ml】
ガチブル点眼
ニューキノロン系の広範囲抗菌点眼
ガチブル点眼液
ガチブル点眼液は、細菌のDNA合成を阻害することにより抗菌する広範囲抗菌点眼剤。通常、結膜炎や麦粒腫(ものもらい)などの目の感染症、目の手術後の目の細菌を殺菌するのに期待できます。

▶︎ガチブル点眼【1本5ml】
フルオメトロン点眼液
ステロイドの目薬で炎症による腫れや赤みを抑え、痒みや痛みを緩和フルオメトロン点眼液
ステロイドの目薬でステロイドには炎症を抑える強い作用があります。炎症性の目の病気、たとえば結膜炎、角膜炎、ブドウ膜炎、手術後の炎症などに広く使われています。花粉症のアレルギー結膜炎にも用いられます

▶︎フルオメトロン点眼液【1本5ml】

犬のマダニ・蚊・ノミ特集

これからの季節に備えてマダニ・蚊・ノミ特集!

犬のウォーターサーバー

【大切な愛犬や家族】も飲めるウォーターサーバー比較選び
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.