【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう)

眼瞼外反症
ポイント

  • 症状は眼瞼外反症はまぶたが外側へ反転する
  • 目ヤニ、充血、涙、引っ掻く、こすりつけるなど
  • まぶたが空気に触れる為、流涙症角膜炎、結膜炎を併発したりすることもある
  • 原因はほとんどが先天的なもの
  • 外傷や他の目の病気が原因の場合もある
  • 顔の皮膚が複雑な犬種が多い
  • 治療は軽度の場合まつ毛を抜く、2次感染を治療すればよくなる
  • 重度の場合は手術による治療

結膜表面の露出syouzyouを伴う眼瞼の外側への反転をして、下眼瞼に起こります。 まぶたの内側の涙腺や結膜が常に空気にさらされる為、乾燥しやすく、雑菌の繁殖が起こり、目やにが起こったり、流涙症になったり場合によっては角膜に傷がつき、角膜炎や結膜炎を併発したりすることもある。

ganin犬の眼瞼外反症の原因は、そのほとんどが先天的なものですが、外傷や他の目の病気が原因の場合もある。 顔面の皮膚が複雑な犬種、例えばセント・バーナード、バーニーズ、ブルドッグなどに多く見られます。

治療軽度の場合、刺激しているまつ毛を根気よく抜き、結膜炎をきちんと治療すれば外反の状態がよくなることがあるが、重度の場合角膜などを激しく刺激しているようであればには手術による治療を行います。

犬のマダニ・蚊・ノミ特集

これからの季節に備えてマダニ・蚊・ノミ特集!

犬のウォーターサーバー

【大切な愛犬や家族】も飲めるウォーターサーバー比較選び
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.