【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

流涙症(りゅうるいしょう)

流涙症
ポイント

  • 症状は流涙症(涙やけ)は、涙がまぶたから溢れ、着色される
  • 目やにが鼻の横を汚したり、その部分に湿疹ができる
  • 目頭をしきりにこすったり掻いたりして角膜潰瘍を併発する事もある
  • 原因は涙点が小さい、欠損、位置異常、角膜炎、異所性睫毛、結膜炎、眼瞼内反症、鼻涙管狭窄、鼻涙管閉塞など
  • 治療は原因を見つけて治療する
  • 対策はまぶた目頭辺りを清潔にし、涙をこまめにふきとってやる
  • 目やにが多い場合、ハサミで毛をカットして通気性と目ヤニを溜まりにくくする

syouzyou流涙症(涙やけ)は、涙がまぶたから溢れ出て、着色される病気です。涙点が小さい例、欠損または位置の異常があります。 涙と一緒に出る目やにが鼻の横を茶色に変色してしまったり、その部分に湿疹ができたりする。痛みやかゆみが出る事もあり、目頭をしきりにこすったり掻いたりして、症状を悪化させ、角膜潰瘍を併発する事もあります。

ganin犬の流涙症は目や鼻の病気が原因の場合は角膜炎(かくまくえん)異所性睫毛(いしょせいしょうもう)結膜炎(けつまくえん)眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)鼻涙管狭窄(びるいかんきょうさく)又は鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)などの場合は目から鼻にかけて涙を流すのですが、目から鼻までのパイプ(鼻涙管)が細かったり、塞がっていたりすると逆流して流涙症となります。

治療流涙症の原因を見つけそれを治療する。 

対処流涙症の症状(よく涙が出る)があらわれたら、まぶた目頭辺りを清潔にし、涙をこまめにふきとってやる必要がある。 目やにが多いようなら、ハサミで毛をカットして通気性と目ヤニを溜まりにくくして点眼薬などを処方してもらい、結膜炎などを併発しないよう気をつける。

犬のウォーターサーバー

【大切な愛犬や家族】も飲めるウォーターサーバー比較選び
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.