【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

核硬化症(かくこうかしょう)

核硬化症
ポイント

  • 症状は水晶体核と呼ばれる硬い部分が中心に向かって圧縮され硬くなり、青みがかって白く見える
  • 目の水晶体部分が堅くなり、白く濁り白内障と誤解しがち
  • 視力障害を起こすことはない
  • 原因は水晶体の老化
  • 治療は支障が無いので必要ない
  • 白内障を併発することある
  • 対策は日頃のケアと高齢犬や目の異常には定期的な検査

syouzyou目にはカメラのレンズのような役割をしている水晶体があり、水晶体核と呼ばれる硬い部分が中心に向かって圧縮され硬くなり、青みがかって白い丸い輪郭見えます。肉眼で見ただけでは白内障と誤解しがちですが、白内障はレンズのタンパク質の変化によるもので核硬化症とは異なり、視力障害を起こすことはありません。白内障と区別することが重要です。

ganin原因は水晶体の老化によるもので、目の水晶体部分が堅くなり、白い丸い輪郭がみられるようになり白内障と誤解しがちですが、核硬化症です。

治療白内障を併発している場合は点眼をすることもありますが、白内障とは異なりますので、核硬化症に対しての治療は必要ありません。

対処予防などはないのですが、白内障を併発することも考えられますので、5歳以上や目に異常になったら、定期的に眼科検査をお受けになることも重要になります。

犬のマダニ・蚊・ノミ特集

これからの季節に備えてマダニ・蚊・ノミ特集!

犬のウォーターサーバー

【大切な愛犬や家族】も飲めるウォーターサーバー比較選び
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.