【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

小眼球症(しょうがんきゅうしょう)、無眼球症(むがんきゅうしょう)

  • HOME »
  • 目の異常 »
  • 小眼球症(しょうがんきゅうしょう)、無眼球症(むがんきゅうしょう)
syogankyusyo,mugankyusyo
ポイント

  • 症状は小眼球症は先天的に眼球が正常より小さい目
  • 無眼球症は眼球無い
  • 眼球は十分に機能する眼から、視力がない眼まで様々
  • 原因ははっきりないが母体内で異常が考えられる
  • 治療は小眼球症は状態により手術で眼球を見えるようにする
  • 無眼球症はそのままの状態のほうが良い

syouzyou小眼球症・・・先天的に眼球が正常より小さい目の奇形。その眼球は十分に機能する眼から、視力がない眼まで様々。

無眼球症・・・眼球がまったく存在しない

ganin母体内での何らかの異常が発生したことによるものと考えられるがハッキリとした原因は無い。なお、遺伝性疾患の為、繁殖はやめるべき。

治療遺伝性疾患で、治癒の可能性はほとんどありません。しかし、エコーで眼球があるかどうかを確認して小眼球症だったらもう眼角切開手術で眼角(目尻)を少し広げる手術で、眼球を見えるようにする。無眼球症は手術はせず、そのままの状態のほうが良い。

犬のマダニ・蚊・ノミ特集

これからの季節に備えてマダニ・蚊・ノミ特集!

犬のウォーターサーバー

【大切な愛犬や家族】も飲めるウォーターサーバー比較選び
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.