【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

前房出血(ぜんぼうしゅっけつ)

zenbosyuketu
ポイント

  • 症状は前眼房(ぜんがんぼう)で出血
  • 見た目ほど痛みは伴わないが、ブドウ膜炎を併発している場合は激しい痛みがある
  • 原因は事故などの外傷と短頭種に多く、高血圧・窒素(酸欠)・寄生虫・先天性眼異常もある
  • 外傷以外は緑内障・網膜剥離・ブドウ膜炎・白内障の術後
  • 治療は軽い外傷は数日で完治する
  • 外傷以外は緑内障、網膜剥離・ブドウ膜炎・白内障の術後などが原因ではそれを治療

syouzyou角膜と虹彩の間にある前眼房(ぜんがんぼう)で出血が起こった状態。見た目ほど痛みは伴わないが、ブドウ膜炎を併発している場合は激しい痛みがあります。

ganin交通事故などによる外傷が原因で発症する場合が多いようです。特に目に障害を受けやすい、目立って見える短頭種に多い。外傷以外では緑内障網膜剥離ブドウ膜炎白内障の術後・高血圧・窒素(酸欠)・寄生虫・先天性眼異常などです。

治療軽い外傷性などの出血そのものは、量が少なければそのままにしておいて、再出血がなければ数日には元に戻ります。しかし、緑内障網膜剥離ブドウ膜炎白内障の術後などの原因で起こった場合はそれを治療する。

犬のマダニ・蚊・ノミ特集

これからの季節に備えてマダニ・蚊・ノミ特集!

犬のウォーターサーバー

【大切な愛犬や家族】も飲めるウォーターサーバー比較選び
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.