【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

接触性アレルギー

接触性アレルギー
ポイント

  • 物と接触することによってアレルギーを起こす皮膚炎
  • 症状は胸部、内股、肛門周囲、肢など毛が少ない場所に痒み
  • 脱毛、赤みをともなった皮膚炎
  • 食器やおもちゃなどの反応には鼻や唇、あごなどに痒みを伴った皮膚炎
  • 原因はうるし、プラスチック、クレンザー、洗剤、樹脂、首輪、シャンプー
  • 殺虫剤、羊毛、ナイロン、ゴム、消臭剤、軟膏剤などがアレルゲンとなる
  • 多いのがシャンプーや洗剤類、プラスチック製品やビニール素材などのオモチャ、首輪、じゅうたんなど
  • 治療は皮膚のアレルギーテストでアレルギーの原因を見つる
  • 原因がわかればそれを回避
  • 痒みを抑える為にステロイド、抗炎症剤皮膚の症状を抑える
  • 皮膚をかいて二次感染がある場合は抗生物質を投与
  • 対策は愛犬の生活周辺などを掃除してアレルゲンに近づけないように心がける
  • 日頃からシャンプーなど行い、皮膚を清潔にし、定期的に皮膚を観察する

物とsyouzyou接触することによってアレルギーを起こす皮膚炎です。胸部、内股、肛門周囲、肢など毛が少ない場所に痒み、脱毛、赤みをともなった皮膚炎が起きます。食器やおもちゃなどに反応した場合は、鼻や唇、あごなどに痒みを伴った皮膚炎が起きます。

ganinうるし、プラスチック、クレンザー、洗剤、樹脂、首輪、シャンプー、殺虫剤、羊毛、ナイロン、ゴム、消臭剤、軟膏剤などがアレルゲンと報告されています。多いのがシャンプーや洗剤類、そしてプラスチック製品やビニール素材などのオモチャ、首輪、じゅうたんなどです。


治療治療は、皮膚のアレルギーテストでアレルギーの原因を見つけ、原因がわかればそれを回避させます。その後は痒みを抑える為にステロイド、抗炎症剤皮膚の症状を抑え、皮膚をかいて二次感染がある場合は抗生物質を投与します。

対処接触性アレルギー性皮膚炎の予防は、愛犬の生活周辺などを掃除してアレルゲンに近づけないように心がけることが重要です。また、日頃からシャンプーなど行い、皮膚を清潔にし、定期的に皮膚を観察するように心掛けましょう。

犬のウォーターサーバー

【大切な愛犬や家族】も飲めるウォーターサーバー比較選び
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.