【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

慢性胃炎(まんせいいえん)

 慢性胃炎
ポイント

  • 症状はあまりはっきりしない
  • 食欲不振、痩せる、数週間にわたって間欠的に吐く、口臭を感じる、腹部の痛み、貧血など
  • 原因は消化不良、ストレス、胃内異物、胃の運動が低下など
  • 慢性的に胃に負担がかかり、胃の粘膜に異常がみられるのも原因の一つ
  • 尿毒症や胃潰瘍、胃の腫瘍、急性胃炎が完治せずに悪化などによって起こることもある
  • 長い間、消化の悪いものを食べ続けた老犬に多い病気
  • 治療はレントゲン検査や内視鏡検査で胃の粘膜の炎症の様子を見る
  • 異物や腫瘍が認められた時は、手術によって除去する
  • 症状に応じて消化剤や嘔吐を制御する薬、整腸剤、抗生物質などを投与
  • ストレスを感じている場合は生活環境を整え、ストレスをなるべく軽減させる
  • 食事は柔らかく消化の良いものを少量ずつ与える

syouzyou長期間にわたる胃の粘膜の炎症で、症状があまりはっきりしないですが食欲がなくなり、痩せてきます。数週間にわたって間欠的に吐いたり、口臭を感じたりします。腹部の痛みで触られることを嫌がる事や貧血が起こることもあります。水をたくさん飲む場合やゲップが続くような場合は慢性胃炎の可能性があります。

ganin原因は突き止めにくいのですが、消化不良、ストレス、胃内異物などで胃の運動が低下し、胃の中で消化されないことや幽門の機能が何らかの原因で機能せずに胃の出口が塞がってしまうことなどで慢性胃炎を起こします。また、慢性的に胃に負担がかかり、胃の粘膜に異常がみられるのも原因の一つです。この他、尿毒症や胃潰瘍、胃の腫瘍、急性胃炎が完治せずに悪化などによって起こることもあります。長い間、消化の悪いものを食べ続けた老犬に多い病気です。

治療レントゲン検査や内視鏡検査で胃の粘膜の炎症の様子を見ます。異物や腫瘍が認められた時は、手術によって除去する場合もあります。症状に応じて消化剤や嘔吐を制御する薬、整腸剤、抗生物質などを投与します。ストレスを感じている場合は生活環境を整え、ストレスをなるべく軽減させて安静に過ごせるようにします。食事は柔らかく消化の良いものを少量ずつ与えます。

肉球 抗生物質の医薬品(購入ランキング)

1位アモキシシリン
高い抗菌力を示すスペクトルの広いペニシリン系の抗生物質アモキシシリン
感染に期待できる薬剤で殺菌性抗菌薬であり、原因菌を死滅させることができるため、発見の遅れた感染症や、急性感染症にも発揮すると考えられています。

▶︎アモキシシリン【1箱21錠】(250mg)
2位セファレキシン
セフェム系第1世代の代表的な広範囲スペクトラムの殺菌性抗生物質セファレキシン
セファレキシンは、セファロスポリンが広範囲スペクトラムの殺菌性抗生物質であり、犬、猫のバクテリア感染(皮膚、泌尿器系、呼吸器、骨、間接の細菌感染など)に使用されます。

▶︎セファレキシン【1箱28錠】(250mg)
3位TOフレックス(mg)
広範囲スペクトラムの殺菌性抗生物質TOフレックス
セファレキシンは、セフェム系第一世代の抗生物質で、塩野義製薬のケフレックスと同成分医薬品です。本来は人用医薬品ですが、動物医薬品としても使用される場合があります。セファロスポリンが広範囲スペクトラムの殺菌性抗生物質であり、犬、猫のバクテリア感染(皮膚、泌尿器系、呼吸器、骨、間接の細菌感染など)の使用されます。

▶︎TOフレックス【1箱100錠】(500mg)

犬のマダニ・蚊・ノミ特集

これからの季節に備えてマダニ・蚊・ノミ特集!

犬のウォーターサーバー

【大切な愛犬や家族】も飲めるウォーターサーバー比較選び
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.