【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

急性胃炎(きゅうせいいえん)

急性胃炎
ポイント

  • 症状は吐き気、粘液、胃液、血などを吐き、吐く動作、腹部を緊張、元気消沈、脱水症状など
  • 原因は腐敗した食べ物、不潔な水、有毒物質、有毒な植物や木、薬が強すぎるや体に合わない
  • 胃内異物や急性のパルボウイルス、ジステンパー、伝染性肝炎などの伝染病など
  • 治療はX線検査、内視鏡検査により胃内異物の確認や胃粘膜の状態を検査
  • 場合によって粘膜の一部をとって調べる検査
  • 嘔吐や下痢が度々起こり、脱水症状になるようなら状態に合わせて輸液、点滴
  • 有害物質の場合には吐剤を用いるか、浣腸などを行い、速やかに取り除く
  • 急性炎症に対して抗生物質の投与
  • 食事の管理が必要で症状が軽ければ1日の絶食で治ることもある
  • 嘔吐や下痢が治れば、ぬるま湯から与え、食事は消化の良い物を与える
  • 重症の場合は入院が必要
  • 対策は腐敗した食べ物や不潔な水、有害物質を食べさせないようにする
  • 散歩中の拾い食いなどしないように特に真夏や子犬などは注意が必要

syouzyou急性胃炎は胃の粘膜が炎症を起こすので吐き気が起こり、粘液、胃液、血などを吐き、吐き出す場合がない時は吐く動作だけを繰り返します。痛みの為腹部を緊張させ、元気がなくなります。 また、脱水から水を多く飲みますが、飲むと水分も吐くということを繰り返すので脱水症状を起こします。

ganin急性胃炎には様々な原因があり、腐敗した食べ物や不潔な水、有毒物質などを摂取した時、有毒な植物や木などで急性の炎症が胃に起こる事です。特に夏場などは食べ物が腐敗しやすく、水も不潔になりやすいので注意が必要です。処方された薬が強すぎる、体に合わない場合にも同じように胃炎を起こすことがあります。また、胃内異物や急性のパルボウイルス、ジステンパー、伝染性肝炎などの伝染病などで続発性に起こります。腐敗した物が原因の場合、細菌や毒素などが複雑に関係するので、命にかかわることもあります。

治療X線検査、内視鏡検査により胃内異物の確認や胃粘膜の状態を検査します。また、粘膜の一部をとって調べる検査も場合によっては施します。軽いものでは1日の絶食をするだけで回復しますが、嘔吐や下痢が度々起こり、脱水症状になるようなら状態に合わせて輸液、点滴をします。有害物質の場合には吐剤を用いるか、浣腸などを行い、速やかに取り除かなければなりません。急性炎症に対して抗生物質の投与を行います。

対処急性胃炎では食事の管理が必要で症状が軽ければ1日の絶食で治ることもあります。嘔吐や下痢が治れば、ぬるま湯から与え、食事は消化の良い物を与えましょう。重症の場合は入院が必要です。原因となる腐敗した食べ物や不潔な水、有害物質を食べさせないようにしましょう。また、散歩中の拾い食いなどしないように特に真夏や子犬などは注意が必要です。

肉球 抗生物質の医薬品(購入ランキング)

1位アモキシシリン
高い抗菌力を示すスペクトルの広いペニシリン系の抗生物質アモキシシリン
感染に期待できる薬剤で殺菌性抗菌薬であり、原因菌を死滅させることができるため、発見の遅れた感染症や、急性感染症にも発揮すると考えられています。

▶︎アモキシシリン【1箱21錠】(250mg)
2位セファレキシン
セフェム系第1世代の代表的な広範囲スペクトラムの殺菌性抗生物質セファレキシン
セファレキシンは、セファロスポリンが広範囲スペクトラムの殺菌性抗生物質であり、犬、猫のバクテリア感染(皮膚、泌尿器系、呼吸器、骨、間接の細菌感染など)に使用されます。

▶︎セファレキシン【1箱28錠】(250mg)
3位TOフレックス(mg)
広範囲スペクトラムの殺菌性抗生物質TOフレックス
セファレキシンは、セフェム系第一世代の抗生物質で、塩野義製薬のケフレックスと同成分医薬品です。本来は人用医薬品ですが、動物医薬品としても使用される場合があります。セファロスポリンが広範囲スペクトラムの殺菌性抗生物質であり、犬、猫のバクテリア感染(皮膚、泌尿器系、呼吸器、骨、間接の細菌感染など)の使用されます。

▶︎TOフレックス【1箱100錠】(500mg)
クラベット
バクテリアが原因の感染の抗生物質
クラベットペニシリン系抗生物質アモキシシリンの複合抗生物質製剤です。細菌を生産し、分解を防ぐための安定した炎症を抑える抗菌力を発揮。

▶︎クラベット【1箱10錠】(250mg)
▶︎クラベット【1箱10錠】(500mg)

犬のマダニ・蚊・ノミ特集

これからの季節に備えてマダニ・蚊・ノミ特集!

犬のウォーターサーバー

【大切な愛犬や家族】も飲めるウォーターサーバー比較選び
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.