【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

ファロー四微症

ファロー四微症
ポイント

  • ファロー四徴症は、先天的に4つの心臓に奇形
  • 酸素が体に十分に行きわたらず全身が酸素不足状態
  • 症状は運動による呼吸困難、疲れやすい、チアノーゼ、貧血、腹水、四肢むくみ、めまい
  • 原因は先天的で、心臓が4つの異常
  • ①心室中隔欠損②右心室肥大③大動脈騎乗④肺動脈狭窄
  • 治療は症状の緩和を目的とした治療が主
  • 検査は、聴診、心電図・レントゲン・超音波(エコー)
  • 対症療法で、薬を内服する内科治療
  • 運動制限を心がけて安静を保つこと
  • 貧血の発作を繰り返すようであれば、長生きできない

syouzyouファロー四徴症は、先天的に4つの心臓に奇形を同時に持っていて、酸素を十分含まない血液が体内に送り出されてしまうため、全身が酸素不足状態になってしまいます。症状は、運動による呼吸困難のほか、疲れやすく、肺に流れずに血液が左心室に流れると、舌や唇などが紫色になるチアノーゼを起こしたり、貧血を起こして倒れるなどの症状が出ます。その他、腹水による腹部膨張膨れ、四肢のむくみ、めまいなどがあります。

ganin先天的な病気で、心臓が4つの異常(①左心室と右心室の間にある壁に穴があく心室中隔欠損、②負担がかかり肥大する右心室肥大、③大動脈が右心室側にある大動脈騎乗、④右心室の出口が狭い肺動脈狭窄)を患っている為に、酸素が体に十分に行きわたらず起こります。

治療疾患の原因を特定して除去するよりも、症状の緩和を目的とした治療が主になります。検査は、聴診、心電図・レントゲン・超音波(エコー)になります。対症療法として、薬を内服する内科治療を行います。また、運動制限を心がけて安静を保つことです。しかし、貧血の発作を繰り返すようであれば、残念ながら長くは生きれません。

犬のマダニ・蚊・ノミ特集

これからの季節に備えてマダニ・蚊・ノミ特集!

犬のウォーターサーバー

【大切な愛犬や家族】も飲めるウォーターサーバー比較選び
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.