【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

気管虚脱(きかんきょだつ)

気管虚脱
ポイント

  • 気管は輪状の軟骨が骨組みとなっている管状の器官
  • 症状はの初めは軽い咳
  • 次につっかえる咳⇒もどす動作⇒グゥーッ、ゲーッやガチョウが鳴くような呼吸
  • 末期ではチアノーゼ(舌が紫色になる)呼吸困難
  • 原因は小型犬、短頭種、肥満犬、老犬、気管支炎の慢性化、伝的な素因
  • 輪状の軟骨が途中でつぶれてしまい呼吸困難になってしまう
  • 先天性と後天性の原因が考えられますが明確な原因はない
  • 治療は軽度~中度では気管支拡張剤・鎮咳剤・抗炎症剤・強心剤・抗生物質
  • 重症では内服薬、輸液や利尿剤の投与、酸素吸入
  • 外科手術があるが一時的にはよくなっても長期的には再悪化することが多い
  • 確実な治療法ではない
  • 予防:肥満解消、喉の圧迫、興奮吠えさせない、激しい運動を避ける、暑さ対策

syouzyou気管は輪状の軟骨が骨組みとなっている管状の器官で、ちょうど掃除機のホースのようなジャバラ状になっています。それが途中でつぶれてしまい呼吸困難になってしまう又は呼吸が出来なくなるのが気管虚脱です。 初めは軽い咳⇒喉につっかえるような咳⇒もどす動作⇒グゥーッ、グゥーッ、ゲーッゲーッという呼吸やガチョウが鳴くような呼吸などと悪化して行き、これは気管が圧力の変化によって潰されてしまい、その中を通る空気の量が少なかったり、細くなった気管を空気が流れるために起こるものです。末期ではチアノーゼ(舌が紫色になる)呼吸困難になります。

ganin原因は小型犬や短頭種(鼻が短いパグやブルドッグなど)、肥満犬、老犬、気管支炎の慢性化で輪状の軟骨が変形し気管の筒状の形を保てなく事で起こります。トイ犬種やミニチュア犬種に多く見られる事と非常に若い時期に発生する犬種は、遺伝的な素因が原因とされています。先天性と後天性の原因が考えられますが明確でなく、大型犬にも見られてますのでほぼ全犬種にみられます。

治療臨床症状・触診・聴診によっておおよその診断がつきますが、レントゲン撮影で気管の変形が認めることが出来ます。気管虚脱は慢性的に進行し完治が難しい為、失神やチアノーゼを起こさない軽度~中度での治療は症状の緩和をする為、気管支拡張剤・鎮咳剤・抗炎症剤・強心剤・抗生物質などの投与で内科的治療が主に行われます。失神やチアノーゼ、呼吸困難を起こしている場合はこれらの薬に加えて、輸液や利尿剤の投与が行われ、酸素吸入が有効な場合もあります。内科的治療では症状がコントロールできない場合(症状が重い場合)には外科手術が行われることもあり手術はつぶれた気管を矯正する手術がありますが一時的にはよくなっても長期的には再悪化することが多く、確実な治療法ではないといわれています。日常生活では肥満の解消、喉の圧迫を避ける為首輪ではなくハーネスを着用する、なるべく興奮させない吠えさせない、激しい運動を避ける、夏場の暑さ対策などに気をつけましょう。

番外他のペット医薬品を探す
ウサパラ格安ペット医薬品!日本全国送料無料!100%メーカー正規品保証
大切な家族であるわんちゃんの健康を第一に考え、香港・アメリカ・ヨーロッパを中心とした獣医ネットワークにより海外の先進的な医薬品を正確かつ迅速にお届けします。症状別、部分別、全身のケア・・・などなど幅広く仕入れており、愛犬の状態にあったお薬をご提供できるよう日々努力しております。

犬のマダニ・蚊・ノミ特集

これからの季節に備えてマダニ・蚊・ノミ特集!

犬のウォーターサーバー

【大切な愛犬や家族】も飲めるウォーターサーバー比較選び
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.