【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

気管支狭窄(きかんしきょうさく)

  • HOME »
  • 呼吸器 »
  • 気管支狭窄(きかんしきょうさく)
気管支狭窄
ポイント

  • 気管から気管から枝分かれしている気管支が周囲に圧迫、内部が狭くなった状態
  • 気管支は首の動きによって柔軟に変形、逆に変形しやすい分、筒状を簡単に維持できない
  • 症状は咳やいびき、ゼイゼイという呼吸音が特徴
  • 酷くなると呼吸困難、チアノーゼ、首の痛みや吐き気
  • 原因は咽頭や気管、食道などの腫瘍や炎症、あるいは気管支の腫瘍や炎症、タン、寄生虫
  • 誤って吸い込んだ異物によって気管支が狭くなる場合もある
  • 気管支壁の肥厚などで外側から圧迫され、気管支内腔が狭くなることもある
  • 治療は異物が入っている場合は、レントゲンでわかることもある
  • 異物の場所や大きさに応じて、犬の姿勢を変えることで取り除ける
  • 小さな異物の場合はレントゲンにはっきり写らない場合、内視鏡や気管支鏡を使って直接取り除く
  • 気管支膨張剤、抗生剤、消炎剤などを投与
  • 別の疾病の場合、それを治療
  • 温度を高くすることによって呼吸が楽になる
  • これらの処置で効果が現れない時は、緊急手術をして取り除く

syouzyou気管から気管から枝分かれしている気管支が周囲に圧迫されて、内部が狭くなった状態です。気管支は首の動きによって柔軟に変形しますが、逆に変形しやすい分、筒状を簡単に維持できないのが特性です。症状が軽くても咳やいびき、ゼイゼイという呼吸音が特徴です。酷くなると呼吸困難になり、チアノーゼ(唇や舌の色が紫になる)を起こします。誤飲により気管に大きな異物が詰まったり、食道やその他の臓器にできた腫瘍や炎症が原因の場合は、首の痛みや吐き気も現れます。また、吐き気や首や肩周辺に痛みが伴う事もあり、触れられることを嫌がります。

ganin咽頭や気管、食道などの腫瘍や炎症、あるいは気管支の腫瘍や炎症、タン、寄生虫によって起きる場合がありあります。また、誤って吸い込んだ異物によって気管支が狭くなる場合があり、異物が気管支を通り、肺内部の葉気管支まで吸引されると肺に傷がつきます。また、気管支壁の肥厚などで外側から圧迫され、気管支内腔が狭くなることもあります。

治療異物が入っている場合は、レントゲンでわかることもあります。その異物の場所や大きさに応じて、犬の姿勢を変えることで取り除けることもあります。しかし、小さな異物の場合はレントゲンにはっきり写らない場合があるので、内視鏡や気管支鏡を使って検査をしながら直接取り除きます。その他、気管支膨張剤、抗生剤、消炎剤などを投与します。別の疾病によって気管支狭窄が引き起こされている場合は、それを治療します。また、温度を高くすることによって呼吸が楽になります。これらの処置で効果が現れない時は、緊急手術をして取り除く必要があります。

犬のマダニ・蚊・ノミ特集

これからの季節に備えてマダニ・蚊・ノミ特集!

犬のウォーターサーバー

【大切な愛犬や家族】も飲めるウォーターサーバー比較選び
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.