【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

膝の前十字靭帯断裂(ひざのぜんじゅうじじんたいだんれつ)

  • HOME »
  • 骨と関節 »
  • 膝の前十字靭帯断裂(ひざのぜんじゅうじじんたいだんれつ)
前十字靭帯断裂
ポイント

  • 前十字靭帯断裂は、大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)をつなぐ前十字靭帯が切れてしまう病気
  • 症状は強い痛みで後足を上げたり、地上にちょっとだけつけて歩くようになる
  • 急性断裂は地面に足を付けることができないほどの重度な跛行がみられる
  • 慢性断裂は跛行が持続的に繰り返される
  • 痛みは2、3日もすると弱まるが継続的に使うと二次的に関節炎を起こす
  • 関節が変形する変形性骨関節症(DJD)を発症することもある
  • 原因は急性ではボール遊びやフリスビー、事故などの運動時に起こりやすい、運動の活発な若齢な犬に多い
  • この場合は正常な強度を上回る外から急激な圧力がかかり断裂
  • 慢性は加齢や肥満、免疫介在性疾患などの全身性疾患に伴う変性により靭帯の強度が低下して発症
  • 多く見られるのは肥満体型の中~高齢犬がなりやすい
  • 靭帯が切れてしまった場合、それを治療しても反対側の靭帯が同じように切れるケースが多い
  • 治療は小型犬などの動き回らない犬は消炎鎮痛剤を使いながら安静と減量
  • そして関節外からの固定法のみで治る確率が高い
  • 中型以上の犬は体重が重く負担も大きいのでなるべく早い段階で外科的手術がいい
  • 対処は体重の制限、食事管理、活発な若齢犬の制御、激しい運動を避け適度な運動で靭帯を強化
  • 室内ではフローリングなどで滑って足に負担にならないように環境を整える

syouzyou前十字靭帯断裂は、大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)をつなぐ前十字靭帯が切れてしまう病気で小型犬から大型犬サイズ問わず報告されています。大腿骨(太ももの骨)に対して脛骨(すねの骨)が前に飛び出ないよう制限する重要な役割を果たします。膝には腿(もも)と脛(すね)をつなぐ太い靭帯があり、前十字靭帯もその一つです。人は激しい運動をしたときによく膝の靭帯を痛めることがありますが、犬もさまざまな原因から膝の靭帯を痛めることがあり、場合によっては断裂してしまい膝関節は安定性を失い、様々な跛行をします。膝にある前十字靭帯が切れて膝に体重をかけられなくなるため、強い痛みが生じて後足を上げたり、地上にちょっとだけつけて歩くようになります。通常と違う方向に力がかかるようになるため関節が変形する変形性骨関節症(DJD)を発症することもあります。痛みは発生当初のみで2、3日もすると弱まりますが、継続的に使い続けると病状は確実に進行し、二次的に関節炎を起こして趾行が継続的になり、完全に切れてしまいます。急性断裂の場合は地面に足を付けることができないほどの重度な跛行がみられます。慢性断裂の場合は跛行が持続的に繰り返されるようになります。

ganin急性断裂はボール遊びやフリスビー、外から急激な圧力がかかる事故など走行中に急にターンをするような運動時に起こりやすいとされています。運動の活発な若齢な犬に多く見られます。この場合は正常な強度を上回る外から急激な圧力がかかり断裂します。慢性断裂は加齢や肥満、免疫介在性疾患などの全身性疾患に伴う変性により靭帯の強度が低下し、部分断裂あるいは完全断裂になります。多く見られるのは肥満体型の中~高齢犬がなりやすいです。また、靭帯が切れてしまった場合、それを治療しても反対側の靭帯が同じように切れるケースが多いです。

治療小型犬などの動き回らない犬は消炎鎮痛剤を使いながら安静と減量を行い、関節外からの固定法のみでの内科的治療法が治る確率が高いです。中型以上の犬は体重が重く負担も大きいのでなるべく早い段階で外科的手術がいいとされています。外科的手術は関節内固定法、関節外固定法、矯正骨切り術、人工物を用いた靭帯再建術などの様々な手術方法があるのでその犬に合った手術をよく獣医師と相談する。

対処犬は人のよりも十字靭帯には負担がかかってしまいやすいので、体重の制限や食事管理、活発な若齢犬の制御、激しい運動を避け適度な運動を行って切れにくい靭帯を備えておきましょう。また、室内ではフローリングなどで滑って足に負担にならないように環境を整えましょう。

肉球 鎮痛剤の医薬品(購入ランキング)

1位プレビコックス
プレビコックス犬種問わず、幅広い年齢に使用可能!長期投与に適した効果と安全性に定評
犬用の変形関節症に伴う非ステロイド性抗炎症鎮痛薬。非ステロイド性抗炎症剤の投与で骨関節炎や筋骨格障害に伴う痛み・炎症を緩和。また、外科手術の術後などの緩和にも期待できます。

▶︎プレビコックス【1箱30錠】(57mg)
▶︎プレビコックス【1箱30錠】(227mg)
2位オンシオール
椎間板ヘルニア・変形性脊髄症、運動器疾患などに伴う疼痛の緩和オンシオール
犬用のコキシブ系の非ステロイド系消炎鎮痛薬(NSAID)です。椎間板ヘルニア・変形性脊髄症、運動器疾患などに伴う疼痛に期待が出来ます。

▶︎オンシオール【1箱28錠】(5mg)
▶︎オンシオール【1箱28錠】(10mg)
▶︎オンシオール【1箱28錠】(20mg)
▶︎オンシオール【1箱28錠】(40mg)
3位メロネックス
非ステロイド系鎮痛剤の高い消炎鎮痛!液体状なので食事に混ぜるだけメロネックス
メロキシカム配合の製品で犬用非ステロイド系消炎鎮痛剤。慢性・急性の筋骨格系疾患による炎症や痛みの緩和に使用され、高い消炎鎮痛に期待できます。

▶︎メロネックス【1本10mg】
●リマダイルジェネリック
優れた消炎鎮痛効果を示す非ステロイド性抗炎症薬リマダイルジェネリック(20mg)
本剤「リマダイルジェネリック」は、犬用の骨関節炎鎮痛剤「リマダイル」と同成分「カルプロフェン」を含有する錠剤です。痛みに対する速やかな有効性と、バランス良く阻害する優れた安全性、休薬期間なく長期投与が可能との特徴を有しています。

▶︎リマダイルジェネリック【1箱100錠】(20mg)
▶︎リマダイルジェネリック【1箱100錠】(50mg)
▶︎リマダイルジェネリック【1箱100錠】(100mg)

犬のマダニ・蚊・ノミ特集

これからの季節に備えてマダニ・蚊・ノミ特集!

犬のウォーターサーバー

【大切な愛犬や家族】も飲めるウォーターサーバー比較選び
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.