【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

汎骨炎(はんこつえん)

syouzyou痛みにより跛行が主な症状です。痛みが激しいと、足を地面につかなくなり、元気や食欲までなくなることもあります。診断にはレントゲンを行い、汎骨炎を起こしている部位では骨皮質が増殖し、骨が分厚く、他の部分より白っぽく見えます。このような変化は通常1ヶ所に限局しており、その部分を指で押すといたがります。病気の初期の段階ではレントゲンでも分からないこともあります。

ganinジャーマン・シェパードなどの大型犬で、特に成長期の若い犬に発生する病気です。尺骨や 骨などの長い骨によく見られ、骨に部分的な炎症により痛みを生じます。原因はよくわかっていませんが、遺伝的要素の関与が考えられています。

治療運動制限や体重制限で治るのが早まることはありませんが、痛みを緩和することは出来ます。ただし成長期の犬では、必要以上の減量は避けましょう。鎮痛剤や消炎剤などの使用は痛みを抑えるためには必要です。普通は数週間で跛行などの症状がなくなります。なかなか治らない場合もありますが、成長に伴って症状が改善されるのが一般的です。

肉球 鎮痛剤の医薬品(購入ランキング)

1位プレビコックス
プレビコックス犬種問わず、幅広い年齢に使用可能!長期投与に適した効果と安全性に定評
犬用の変形関節症に伴う非ステロイド性抗炎症鎮痛薬。非ステロイド性抗炎症剤の投与で骨関節炎や筋骨格障害に伴う痛み・炎症を緩和。また、外科手術の術後などの緩和にも期待できます。

▶︎プレビコックス【1箱30錠】(57mg)
▶︎プレビコックス【1箱30錠】(227mg)
2位オンシオール
椎間板ヘルニア・変形性脊髄症、運動器疾患などに伴う疼痛の緩和オンシオール
犬用のコキシブ系の非ステロイド系消炎鎮痛薬(NSAID)です。椎間板ヘルニア・変形性脊髄症、運動器疾患などに伴う疼痛に期待が出来ます。

▶︎オンシオール【1箱28錠】(5mg)
▶︎オンシオール【1箱28錠】(10mg)
▶︎オンシオール【1箱28錠】(20mg)
▶︎オンシオール【1箱28錠】(40mg)
3位メロネックス
非ステロイド系鎮痛剤の高い消炎鎮痛!液体状なので食事に混ぜるだけメロネックス
メロキシカム配合の製品で犬用非ステロイド系消炎鎮痛剤。慢性・急性の筋骨格系疾患による炎症や痛みの緩和に使用され、高い消炎鎮痛に期待できます。

▶︎メロネックス【1本10mg】
●リマダイルジェネリック
優れた消炎鎮痛効果を示す非ステロイド性抗炎症薬リマダイルジェネリック(20mg)
本剤「リマダイルジェネリック」は、犬用の骨関節炎鎮痛剤「リマダイル」と同成分「カルプロフェン」を含有する錠剤です。痛みに対する速やかな有効性と、バランス良く阻害する優れた安全性、休薬期間なく長期投与が可能との特徴を有しています。

▶︎リマダイルジェネリック【1箱100錠】(20mg)
▶︎リマダイルジェネリック【1箱100錠】(50mg)
▶︎リマダイルジェネリック【1箱100錠】(100mg)

犬のマダニ・蚊・ノミ特集

これからの季節に備えてマダニ・蚊・ノミ特集!

犬のウォーターサーバー

【大切な愛犬や家族】も飲めるウォーターサーバー比較選び
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.