栄養性二次性上皮小体機能亢進症(クル病)

発育途中の幼犬で、骨に石灰化が起こらないものを栄養性二次性上皮小体機能亢進症(クル病)といいます。1〜3ヶ月の幼犬にみられ、関節の腫れ、疼痛、四肢の変形、アンバランスに歩く跛行などが現れ、運動を嫌がったり体を触られるのを … 続きを読む 栄養性二次性上皮小体機能亢進症(クル病)