【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

目の異常

  • HOME »
  • 目の異常
犬の目
犬の目は対面した時に一番最初に見える所。目の病気でなくとも、目を見ただけで愛犬の元気の状態を把握できる大切な所。 目の病気は単独の病気だけではなく、症状が1つだけあったり、複数あったりと様々です。 角膜は眼球の外側にあり、常に空気と接触しています。 角膜の乾燥を防ぐのは、涙とまぶたで角膜が傷ついたり、まばたきが満足にできず空気に触れる時間が長いと角膜炎になります。 結膜は普段ピンク色ですが、炎症によって赤くなったり、ブツブツができたりします。目やにの色が、黒や茶色など黒に近いものだと異常は見られませんが、粘膜性のものや大量に出ている、目が開けられないなどは病的と考え、病院に行く事をオススメします。

犬のマダニ・蚊・ノミ特集

これからの季節に備えてマダニ・蚊・ノミ特集!

ペット保険

【無料資料請求】0歳~16歳11ヵ月まで加入できるペット保険
PAGETOP
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.