【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

乳頭腫(にゅうとうしゅ)、イボ

乳頭腫
ポイント

  • 感染性のものと非感染性のものに分けられる
  • 症状は感染性の場合、口腔粘膜、または皮膚に局在するカリフラワー状の腫瘍
  • 非感染性は老犬の顔や首から体の表面に、ざらざらした良性の腫瘍
  • 原因の感染性は感染した犬との接触や環境によって感染、犬から人間にも伝染できる
  • 免疫力が低い時や子犬、老犬、他の病気を患っている時などは感染しやすい
  • 若年齢は、2~3ヶ月経過すると自然に治ることが多い
  • 治療は基本しなくてよいが、生活に支障が出る場合は手術切除が必要

syouzyou感染性のものと非感染性のものに分けられます。感染性は乳頭腫ウイルスのパピローマウイルス感染により発症し、口腔粘膜、または皮膚に局在するカリフラワー状の腫瘍が特徴です。非感染性は老犬の顔や首から体の表面にかけてみられ、ざらざらした良性の腫瘍です。

ganin感染性は犬は感染した犬との接触や環境によって感染し、犬から人間にも伝染できます。免疫力が低い時や子犬、老犬、他の病気を患っている時などは感染しやすいですが、比較的若年齢に犬に発生し、2~3ヶ月経過すると自然に治ることが多い良性腫瘍です。

 

治療基本治療はしなくていいのですが、口腔内のイボで食べにくそうにしたりして生活に支障が出る場合は手術切除が必要となります。

犬のマダニ・蚊・ノミ特集

これからの季節に備えてマダニ・蚊・ノミ特集!

犬のウォーターサーバー

【大切な愛犬や家族】も飲めるウォーターサーバー比較選び
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.