【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

胃潰瘍(いかいよう)

胃潰瘍
ポイント

  • 犬の胃潰瘍は胃の粘膜が欠損してただれて、びらん状になる
  • 症状は食欲不振、度々吐く回数が増える、コーヒー色(吐血)
  • 色が黒い時は古くなった出血(吐血)
  • 重症になると真っ赤な鮮血の場合は肺からの出血(喀血)、貧血を起こすこともある
  • 重症の場合、早急な治療が必要
  • この他、発熱、腹部の痛み、便に血が混じる
  • ひどくなると胃に穴が開いて腹膜炎を起こし、死亡することもある
  • 原因は消炎剤、ストレス、神経疾患、腸から胃の内容物逆流、胃酸過多、大半が腎不全や肥満細胞種
  • 人はストレスやピロリ菌などで発症しやすいが、犬は別の疾患での発症が原因
  • 肝不全や敗血症、低血圧、ショック状態、アスピリンやステロイド薬などが原因となる場合もある
  • 大型犬以上に多く、遺伝的要因、特にオス犬に多い
  • 治療は内視鏡を使って検査をした後、原因である病気を治す
  • 腫瘍の場合、手術などによって除去と同時に、胃酸を抑える薬や抗ヒスタミン剤などを投与
  • 潰瘍がひどい・再発を繰り返す場合は、潰瘍部分の手術(切除)が必要

syouzyou様々な原因から胃の粘膜を欠損することを胃潰瘍といいます。食欲がなくなって度々吐く回数が増えると、吐いたものは胃の出血が混ざってコーヒー色(吐血)をしています。色が黒い時は古くなった出血(吐血)ですが、重症になると真っ赤な鮮血の場合は肺からの出血(喀血)で、貧血を起こすこともあり、いずれも早急な治療が必要になります。この他、発熱、腹部の痛み、便に血が混じるという症状も見られます。ひどくなると胃粘膜や粘膜下層、筋層が破壊されて胃に穴が開いて腹膜炎を起こし、死亡することもあります。

ganin胃潰瘍の原因は様々で、胃粘膜が胃酸やペプシン、胆汁などで傷ついてただれ、びらん状になります。人はストレスやピロリ菌などで発症しやすですが、犬は別の疾患での発症。つまり別の疾患で身体にストレスがかかるとなりやすいといわれています。多くの消炎剤、ストレス、神経疾患、腸から胃への内容物の逆流、胃酸過多、大半が腎不全や肥満細胞種という腫瘍により起こりますが、肝不全や敗血症、低血圧、ショック状態、アスピリンやステロイド薬などが原因となる場合もあります。また、大型犬以上に多く、遺伝的要因が考えられています。特にオス犬に多い傾向があります。

治療内視鏡を使って検査をした後、原因である病気を治します。腫瘍の場合は手術などによって取り除くと同時に、胃酸を抑える薬や抗ヒスタミン剤などを投与します。潰瘍がひどい・再発を繰り返す場合は、潰瘍部分の手術(切除)が必要になることもあります。高齢になると別の疾患での胃潰瘍が発症しやすいので、消化の良いフードで、胃に負担をかけないようにします。

犬のマダニ・蚊・ノミ特集

これからの季節に備えてマダニ・蚊・ノミ特集!

犬のウォーターサーバー

【大切な愛犬や家族】も飲めるウォーターサーバー比較選び
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.