【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

膀胱結石(ぼうこうけっせき)

膀胱結石
ポイント

  • 尿路結石の中で一番多く、膀胱炎と似た症状
  • 症状は結石があっても元気や食欲はあまり変化がない
  • 尿の回数が増えたり、石が尿道に詰まり尿が出なくなる、出血は膀胱炎より多く、血が混じったりする
  • 排尿時の痛みや尿路の炎症を引き起こす
  • 小型犬のお腹を触っている時に固いしこりに触れる事もある
  • 尿道の閉塞で尿毒症を併発したりする
  • 原因は結石を形成しやすい体質、高齢犬、ミネラルの過剰摂取、細菌感染など
  • 治療は細菌感染があれば抗生物質の投与
  • 小さなものなら食事療法で溶解
  • 大きいものなら外科的で摘出
  • 手術後は膀胱炎の疑いがあれば膀胱炎の治療
  • 再発も多いので食事の内容も結石の出にくいものにして予防

syouzyou尿路結石の中で一番多く、膀胱炎と似た症状です。結石があっても元気や食欲はあまり変化がありませんが、尿の回数が増えたり、出血は膀胱炎より多く、血が混じったりします。小型犬のお腹を触っている時に固いしこりに触れる事があります。少しずつ頻繁に尿をしたり、石が尿道に詰まり尿が出なくなる事もあります。また、排尿時の痛みや尿路の炎症を引き起こします。結石が大きい場合は、尿道の閉塞を引き起こす可能性があり、排尿することができません。すると毒素や廃棄物を体内から尿中に排泄できない状態になり、腎臓にダメージを与え、尿毒症を併発したりします。どの犬種でも見られますが、ダックスフンド、ペキニーズ、ダルメシアン、シュナウザー、トイプードル、コーギーなどに多発します。

ganin尿路結石が膀胱結石を形成しやすい体質や高齢犬など様々な原因で発症したりします。結石の成分としては、リン酸アンモニウムマグネシウム、シュウ酸カルシウムが多く、この結石の原料となるミネラルを過剰に摂取することも原因の一つ。他に尿のPH(水素イオン濃度)が高すぎたりするのもよくなく、細菌感染で起こることもあります。

治療細菌感染があれば抗生物質の投与。結石の種類によりますが、食事療法により、小さなものなら結石溶解療法食で溶解します。大きいものなら外科的に摘出するのが標準的治療法です。ただし、外科的に摘出しても原因を取り除いたわけではありませんので、手術後は膀胱炎の疑いがあれば膀胱炎の治療を行い、再発も多いので食事の内容も結石の出にくいものにして予防します。

肉球 抗生物質の医薬品(購入ランキング)

1位アモキシシリン
高い抗菌力を示すスペクトルの広いペニシリン系の抗生物質アモキシシリン
感染に期待できる薬剤で殺菌性抗菌薬であり、原因菌を死滅させることができるため、発見の遅れた感染症や、急性感染症にも発揮すると考えられています。

▶︎アモキシシリン【1箱21錠】(250mg)
2位セファレキシン
セフェム系第1世代の代表的な広範囲スペクトラムの殺菌性抗生物質セファレキシン
セファレキシンは、セファロスポリンが広範囲スペクトラムの殺菌性抗生物質であり、犬、猫のバクテリア感染(皮膚、泌尿器系、呼吸器、骨、間接の細菌感染など)に使用されます。

▶︎セファレキシン【1箱28錠】(250mg)
3位TOフレックス(mg)
広範囲スペクトラムの殺菌性抗生物質TOフレックス
セファレキシンは、セフェム系第一世代の抗生物質で、塩野義製薬のケフレックスと同成分医薬品です。本来は人用医薬品ですが、動物医薬品としても使用される場合があります。セファロスポリンが広範囲スペクトラムの殺菌性抗生物質であり、犬、猫のバクテリア感染(皮膚、泌尿器系、呼吸器、骨、間接の細菌感染など)の使用されます。

▶︎TOフレックス【1箱100錠】(500mg)

犬のマダニ・蚊・ノミ特集

これからの季節に備えてマダニ・蚊・ノミ特集!

犬のウォーターサーバー

【大切な愛犬や家族】も飲めるウォーターサーバー比較選び
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.