【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

腎盂腎炎(じんうじんえん)

腎盂腎炎
ポイント

  • 腎盂腎炎は、腎臓の腎盂や尿管などを含む上部尿路に感染が認められる疾患
  • 症状は急性と慢性で異なる
  • 急性の場合、多飲多尿、食欲低下、発熱や嘔吐、腎臓の圧痛(腹部の痛み)、濁った匂いの強い尿
  • 慢性の場合、多飲多尿の症状が長く続いてそれ以外は無症状のことが多い
  • 慢性の場合、徐々に慢性腎不全に移行し病気がかなり進行している
  • 腎盂腎炎は細菌が全身に回ってしまう尿路性敗血症を併発して非常に危険な状態になることもある
  • 原因は尿路感染(膀胱や尿道など)が尿と一緒に送られて腎盂まで波及して炎症が起きる
  • 進行すると腎盂の炎症は、腎盂だけに留まらず周囲に広がり腎不全になることもある
  • 治療は抗生物質を長期間投与し、腎盂の炎症を抑えることから始める
  • 膀胱炎を併発している場合は膀胱炎の治療、他にも別の疾患があればそれを治療
  • 完全に治すことが大切

syouzyou腎盂腎炎は、腎臓の腎盂や尿管などを含む上部尿路に感染が認められる疾患です。一般に、膀胱や尿道などの感染(下部腎盂腎炎は初め尿路に感染して腎組織から送られてくる尿と共に腎臓の腎盂に広がって炎症が起こり、腎臓が機能不全を起こした状態です。急性と慢性があり急性の場合、膀胱炎と同じような症状と似ていて多飲多尿、食欲低下、発熱や嘔吐、腎臓の圧痛(腹部の痛み)、濁った匂いの強い尿がでます。慢性の場合、多飲多尿の症状が長く続いてそれ以外は無症状のことが多く、徐々に慢性腎不全に移行して気づいた時には病気がかなり進行しています。また、腎盂腎炎は細菌が全身に回ってしまう尿路性敗血症を併発して非常に危険な状態になることもあります。

ganin尿路感染(膀胱や尿道など)が尿と一緒に送られて腎盂まで波及して炎症が起きるのが主な感染ルートです。進行すると腎盂の炎症は、腎盂だけに留まらず周囲に広がり腎不全になることもあります。

治療抗生物質を長期間投与し、腎盂の炎症を抑えることから始めます。膀胱炎を併発している場合は膀胱炎の治療を行い、他にも別の疾患があれば治療します。完全に治すことが大切です。

肉球 抗生物質の医薬品(購入ランキング)

1位アモキシシリン
高い抗菌力を示すスペクトルの広いペニシリン系の抗生物質アモキシシリン
感染に期待できる薬剤で殺菌性抗菌薬であり、原因菌を死滅させることができるため、発見の遅れた感染症や、急性感染症にも発揮すると考えられています。

▶︎アモキシシリン【1箱21錠】(250mg)
2位セファレキシン
セフェム系第1世代の代表的な広範囲スペクトラムの殺菌性抗生物質セファレキシン
セファレキシンは、セファロスポリンが広範囲スペクトラムの殺菌性抗生物質であり、犬、猫のバクテリア感染(皮膚、泌尿器系、呼吸器、骨、間接の細菌感染など)に使用されます。

▶︎セファレキシン【1箱28錠】(250mg)
3位TOフレックス(mg)
広範囲スペクトラムの殺菌性抗生物質TOフレックス
セファレキシンは、セフェム系第一世代の抗生物質で、塩野義製薬のケフレックスと同成分医薬品です。本来は人用医薬品ですが、動物医薬品としても使用される場合があります。セファロスポリンが広範囲スペクトラムの殺菌性抗生物質であり、犬、猫のバクテリア感染(皮膚、泌尿器系、呼吸器、骨、間接の細菌感染など)の使用されます。

▶︎TOフレックス【1箱100錠】(500mg)
クラベット
バクテリアが原因の感染の抗生物質
クラベットペニシリン系抗生物質アモキシシリンの複合抗生物質製剤です。細菌を生産し、分解を防ぐための安定した炎症を抑える抗菌力を発揮。

▶︎クラベット【1箱10錠】(250mg)
▶︎クラベット【1箱10錠】(500mg)

犬のマダニ・蚊・ノミ特集

これからの季節に備えてマダニ・蚊・ノミ特集!

犬のウォーターサーバー

【大切な愛犬や家族】も飲めるウォーターサーバー比較選び
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.