【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

呼吸器

犬の呼吸器
犬の呼吸器は空気の取り入れ口となる鼻孔⇒咽頭・喉頭⇒気管・気管支⇒肺(胸部)までが呼吸器です。空気を鼻から気管、気管支、肺へと送り込み、または排出する器官であり、肺においてはガス交換を行う重要な器官です。肺の中には、細かく枝分かれした気管支と動脈が通っており、気管支の先端には多数の肺胞があります。ここで静脈血が二酸化炭素と酸素を交換して、動脈血となって心臓に運ばれます。犬の呼吸器官は人よりの丈夫でしっかりしているので呼吸器の病気にかかりにくいですが、細菌やウィルスの感染なので鼻や喉、気管支の炎症などを起こします。呼吸器の病気は放置されて悪化すると呼吸困難で急に命を落とすこともあります。鼻汁を垂らす、クシャミをする、咳をする、呼吸が早いなどの症状が見られたら早めに診察を受けましょう。

犬のマダニ・蚊・ノミ特集

これからの季節に備えてマダニ・蚊・ノミ特集!

ペット保険

【無料資料請求】0歳~16歳11ヵ月まで加入できるペット保険
PAGETOP
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.