【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

舌炎(ぜつえん)

舌炎
ポイント

  • 症状は舌に赤く炎症を起こしたり、白くただれる
  • ヨダレ、口臭、食べ方の異常、舌の腫れ赤み、白い潰瘍、口周辺を引っ掻く
  • 原因は外傷、異物の刺激、化学薬品の刺激、火傷、レプトスピラ症やカビなどの感染
  • 治療はヨード系の消毒剤で洗浄、炎症を抑える塗布、ビタミン剤も投与
  • 刺激を与えない為、食事はなるべくやわらかく、水もぬるま湯
  • 段から口の中を清潔に保ち、日頃から口の中をチェックする

syouzyou見た目ではダレや口臭がある、食事の食べ方も異常などがあり、口の中では舌が腫れ、赤くなったり、白く潰瘍を起こしていることもあります。舌に赤く炎症を起こしたり、白くただれたところがある場合は、よだれを流し、口周辺を引っ掻いたりします。

ganin原因は外傷や骨や木の破片などの異物が挟まったり、刺激の強い化学薬品、火傷、感染の場合はレプトスピラ症やカビなどでなる場合もあります。

治療ヨード系の消毒剤で洗浄したり、炎症を抑える塗布して、ビタミン剤も投与します。食事はなるべくやわらかく、水もぬるま湯で与えましょう。

対処普段から口の中を清潔に保ち、何か噛んでいるものなどは監視のもと与え、日頃から口の中をチェックしましょう。

肉球 抗生物質の医薬品(購入ランキング)

1位アモキシシリン
高い抗菌力を示すスペクトルの広いペニシリン系の抗生物質アモキシシリン
感染に期待できる薬剤で殺菌性抗菌薬であり、原因菌を死滅させることができるため、発見の遅れた感染症や、急性感染症にも発揮すると考えられています。

▶︎アモキシシリン【1箱21錠】(250mg)
2位セファレキシン
セフェム系第1世代の代表的な広範囲スペクトラムの殺菌性抗生物質セファレキシン
セファレキシンは、セファロスポリンが広範囲スペクトラムの殺菌性抗生物質であり、犬、猫のバクテリア感染(皮膚、泌尿器系、呼吸器、骨、間接の細菌感染など)に使用されます。

▶︎セファレキシン【1箱28錠】(250mg)
3位TOフレックス(mg)
広範囲スペクトラムの殺菌性抗生物質TOフレックス
セファレキシンは、セフェム系第一世代の抗生物質で、塩野義製薬のケフレックスと同成分医薬品です。本来は人用医薬品ですが、動物医薬品としても使用される場合があります。セファロスポリンが広範囲スペクトラムの殺菌性抗生物質であり、犬、猫のバクテリア感染(皮膚、泌尿器系、呼吸器、骨、間接の細菌感染など)の使用されます。

▶︎TOフレックス【1箱100錠】(500mg)

肉球 デンタルケア(購入ランキング)

1位リーバスリー
約240回スプレー可。副作用がなく朝と晩をスプレーするだけで除菌・予防リーバスリー
ペットの口内を朝と晩をスプレーするだけで、清潔かつ健康的に保ち副作用がありません。この製品は、アメリカ・カナダで大変使用率が高く人気があり、リーバスリーの安全性と効能は、高名な大学研究所により証明済み。1994年以来、獣医の方々によりご利用いただいております。

▶︎リーバスリー【1本29.6ml】
2位オーラティーンデンタルジェル
強い殺菌剤や抗生剤、副腎皮質ホルモンの類は使用していないので安心オーラティーンデンタルジェル
犬猫用の歯磨きジェルです。歯が黄ばんだり、歯ぐきが赤かったり、口臭がしたりしたら要注意。強い殺菌剤や抗生剤、副腎皮質ホルモンの類は使用はなく、長期にわたってご使用が可能です。

▶︎オーラティーンデンタルジェル【1本28g】
3位オーラルケアジェル(スプレー)
獣医も推薦するブラッシングの要らないスプレー・ジェルオーラルケアジェル
スプレーするだけで手間要らず。歯石やプラークの形成を防止し、歯茎の病気の進行を抑制し、息を新鮮にします。また、ジェルの場合も同様にジェルを歯と歯茎に塗ることによってペットが唇をなめることで同様の効果を得られます。このスプレー・ジェルはすべて天然由来の成分から出来ています。

▶︎オーラルケアスプレー(ペパーミント)【1本118.28ml】
▶︎オーラルケアジェル(ペパーミント)【1本118.28ml】
▶︎オーラルケアジェル(サーモン)【1本118.28ml

犬のマダニ・蚊・ノミ特集

これからの季節に備えてマダニ・蚊・ノミ特集!

犬のウォーターサーバー

【大切な愛犬や家族】も飲めるウォーターサーバー比較選び
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.