【犬の病気の詳細サイト】犬の病気の病名・症状・原因・治療・予防法を詳しく解説。愛犬の様子がおかしい、病気をした時などに必ず役に立ちます。ぜひご活用ください。

感染・伝染病

  • HOME »
  • 感染・伝染病
ウイルス
ウイルスや細菌などが原因で発病して他の動物にうつり、命の危険も生じます。 特に免疫力の弱い子犬や老犬は感染しやすいですがほとんどがワクチンで予防できます。 子犬の免疫は母乳から守られていますが、成長とともに免疫は低下して約2ヶ月で免疫がなくなります。 ですので生後2ヶ月ほどでタイミングをを見計らって1回目のワクチンを打ちます。 そして1ヶ月間隔で2回目のワクチンを打ちそれ以降年に1回ワクチンを接種します。(場合により3回打つ) ワクチン接種はアレルギー(顔が腫れるなど)が出たり、ストレス、激しい運動、入浴などで熱が出る場合もあります。 なので、ワクチン接種は経過を見るために午前中に接種してもらいましょう。何かあっても午後には病院に行けます。 ワクチン接種後は約1週間で免疫がつきますので、1週間はなるべく安静にしましょう。

犬のマダニ・蚊・ノミ特集

これからの季節に備えてマダニ・蚊・ノミ特集!

犬のウォーターサーバー

【大切な愛犬や家族】も飲めるウォーターサーバー比較選び
Copyright ©犬の病気・症状・健康の教科書All Rights Reserved.